失敗事例ネイマール,エムバペ

 

【約10分の動画です。】

本日は毛色を変えて、サッカー選手の見ることのできない一面を、
特集した動画を紹介します。

普段、私達は、試合中の選手の真剣な表情ばかりを見ていますが、
この動画では、練習中の温和な表情やふざけた表情を見ることができます。

内容をここに書いても、面白くないので、
暇な時に見て下さい。

ほっこりする場面も多いので、選手に対して、より愛情が沸くかもしれません。

それでは、また次回、お会いできることを楽しみにしております。
(*- -)(*_ _)ペコリ

ドリブル,有名選手,有名選手,トラップアザール,メッシ,ネイマール,スアレス

 

 

 

【約7分の動画です。】

 

収録されている内容は、ボールに触れずにディフェンスを抜く。

トラップ、フェイントを特集した動画です。

 

私はドリブルをするときに、いつも思います。

 

『ボールに触ることなく、目の前のディフェンスを、

トップスピードで抜けたらどんなに楽だろう。』

 

、、と。。(;´Д`)

 

もしかしたら、サッカーをしている人で、

同じ様なことを思った人は、多くいるのではないでしょうか。

 

そんな悩みを解決してくれるヒントが詰まった動画です。

 

ボディフェイント・シザース・ステップオーバー・キックフェイント。

これらを駆使して、世界の有名選手が鮮やかにディフェンスを抜いています。

 

この動画はオフェンスに限らず、

サッカーをしている人は全員見たほうがいいと思います。

ポジションは関係ありません。

全ての人が必見の動画となっていると思います。

 

私が特に気になった点は、下記の2つです。

 

【1:52】スペースを開けてスルー

スアレスが、前線から戻ってきて、

わざと自分の背後のスペースを開けてスルーをして、

ディフェンスをかわしています。

周りの状況を把握する能力と、

ディフェンスを欺くアイデアを兼ね備えている選手ですね。

サッカーIQというものがあるのなら、

スアレスは、180ぐらいを叩き出すのではないでしょうか。

 

【4:29】ステップオーバーで抜く

ネイマール、本当に上手いですね。

”ボールに触らずにディフェンスを抜く”というのは、

南米系の選手が特に上手いと思います。

上半身のフェイクと下半身の滑らかな動き。

これらを連動させるのが天才的です。

圧巻の一言です。。

 

皆様の技術向上のお役に立てれば幸いです。

 

それでは、また次回、お会いできることを楽しみにしております。

(*- -)(*_ _)ペコリ

ドリブル,有名選手ネイマール

収録されている内容は、ここ一年のネイマールのドリブルを特集したものです。
 
私が気になったシーンは下記の3つです。
【1:38】シザース→ノールックパス
右足でシザースをした後に、相手から遠ざかって、スルーパスを出しています。
汎用的に使えるテクニックですね。
 
【3:00】ヨーイドン
両足を地面につけて、一気にスピードを上げます。
徒競走のヨーイドンですね。
相手が飛び込んでくるタイミングで、これが使えれば高確率で置き去りにできます。
 
【6:08】ボールを引いて→ステップオーバー→ターン
ボールを引いて、ディフェンダーをボールに食いつかせてから、
360度でターンをします。
その後、自分の体をディフェンダーの走るコースを遮っています。
コース取りが全てを決めていますね。
 
 
ドリブル技術向上のお役に立てれば幸いです。
 
それでは、また次回、お会いできることを楽しみにしております。
(– -)(_ _)ペコリ

ドリブル,有名選手ディ・マリア,ジェイドン・サンチョ,アザール,アラン・サン=マクシマン,ウィルフレッド・ザハ,メッシ,アダマ・トラオレ,ネイマール

収録されている内容は、ここ一年くらいの試合が多く、新鮮に感じました。

動画の内容は、動画作成者が得たデータによりランキング化したものとなっています。

ランキングと再生時間は、下記の通り。(7・8位が抜けています。)
10位:ディ・マリア(ANGEL DI MARIA)【0:24】
 9位:ジェイドン・サンチョ(JADON SANCHO)【1:16】
 6位:エデン・アザール(EDEN HAZARD)【2:01】
 5位:アラン・サン=マクシマン(ALLAN SAINT MAXIMIN)【3:18】
 4位:ウィルフレッド・ザハ(WILFREID ZAHA)【4:27】
 3位:リオネル・メッシ(LIDNEL MESSI)【5:42】
 2位:アダマ・トラオレ(ADAMA TRAORE)【6:42】
 1位:ネイマール・ジュニア(NEYMAR JUNIOR)【7:52】

ドリブル技術向上のお役に立てれば幸いです。

それでは、また次回、お会いできることを楽しみにしております。(– -)(_ _)ペコリ